アニマルコラム

あなたの愛犬は大丈夫?犬のアレルギーについて

愛犬がやたらと顔を掻いていたり、足の指をよくなめていたり。当たり前のように見ていたその行動、実はアレルギー反応かもしれません。犬にも人と同じように、アレルギーがあります。
その症状は、くしゃみや鼻炎などもありますが、圧倒的に多いのは皮膚炎を発症するケース。他には、下痢や嘔吐など、消化器系に反応が現れることもあります。
ひどいアレルギー反応の場合には、命に関わる症状が出る場合も。

今回は犬のアレルギーについて考えてみましょう。

アレルギーってなに?

アレルギーとは、ウイルスや細菌等の病原体の侵入から身体を守る免疫反応が、本来無害なはずの食べ物や花粉などに異常に反応してしまうことを言います。
症状は、顔や身体のかゆみ、フケ、抜け毛、下痢・嘔吐、目・口・耳の周り・お腹・お尻周辺・足の裏などが赤くなる、などさまざまで全身に及びます。
かゆみが出ると、その部位を地面にこすり付けたり、足で引っ掻いたり、噛んだりといった行動を起こします。

アレルギーの原因は、「食べ物」「接触」「自己免疫による皮膚病」の3つが挙げられます。

食べ物によるアレルギー

特定の食べ物を食べた後、短時間のうちに激しいかゆみや、下痢や嘔吐などの反応が出ます。
原因となる食べ物は、牛肉や豚肉、鶏肉、卵、魚、小麦、大豆、米、トウモロコシなどのケースが多いですが、個体差もあり、確実なことは分かっていません。食べ物によるアレルギーは、多くの場合、1歳未満で現われるので注意しておきましょう。

また、犬にあげてはいけない食べ物として挙げられるチョコレートや玉ねぎもアレルギーの一種で、中毒症状を起こす可能性が高い食べ物です。もし食べてしまった場合には、吐かせるなどの対処をして、様子がおかしければすぐに病院へ連れて行きましょう。

※参考 「【犬がチョコレートを食べてしまった!】チョコレート中毒の症状と対処法

接触によるアレルギー

首輪やプラスチックの食器、絨毯、シャンプーや石けんなど、犬が接触する器具や薬品などに含まれている物質が原因となって、かゆみや発疹が現われます。
シャンプーはしっかりと洗い流すことを心がけ、新しいシャンプーに切り替える場合は、数日ごとに様子を見て、皮膚に異常が出ていないか確認するようにしましょう。

アレルゲンを特定して、アレルギー対策を

アレルギーは、遺伝的要素があるため完全に防ぐ方法はありませんが、アレルギーの症状によってさまざまな改善策を講じることができます。食べ物や接触によるアレルギーは、フードを低アレルギー食に切り替えたり、生活環境を清潔にしたりするなど、アレルゲンを遠ざけて生活させることで改善することができます。また、自己免疫による皮膚病の場合は、獣医さんによる薬物療法が必要になるなど、原因によって対処法が異なります。
アレルギーが疑われる場合は、まずアレルギー検査を受け、症状を引き起こす原因物質(アレルゲン)を特定しましょう。
日本にはアレルギーの検査を専門に行う機関が複数存在し、獣医さんがそこに犬の採血を送り検査を依頼します。そのため基本的にどこの動物病院でも受けることが可能です。気になることがあれば、まずはかかりつけの獣医師さんに相談しましょう。 原因を知らずにアレルゲンを避けることなく過ごし、アレルギーが悪化…なんて可哀想なことは避けたいものです。